フォト

最近のトラックバック

« 今日は土日の代休、そしてまたまた納豆です! | トップページ | 麦刈り »

2008年6月10日 (火)

扶養手当

 昨日は1日津へ出かけていて、帰宅が午後8時半を過ぎていたため、帰宅後は走り出す気力が湧いてこなかったためレス日にしました。ここのところ天気や仕事の都合もあり、2日走って1日休むパターンになっています。そして今朝はいつものように5時過ぎに起床して外に走り出しましたが、前半は何となくからだが重く少し疲れ気味だったので、無理せずにゆっくりと走り始め、後半は身体が軽くなってきたので徐々にスピードアップし、自宅近くの最後の上り坂は思い切りラストスパートで身体を刺激しました(11キロ)。でも朝でもそろそろ蒸し暑くなってきて、今日はかなり汗をかきました。

 ところで昨日、職場の同僚の方にこんな連絡があったそうです。昨年から支給されていた同居している義理の父母の方の扶養手当が実は間違っていて対象にならのいので、さかのぼって返還するようにとの話です。これを聞いて僕も少し疑問を持ち調べてみたのですが、確かに僕の職場の規則では「父母及び祖父母は直系血族及び養子縁組した者に限る」と書かれており、義理の父母の場合は養子縁組していない限り扶養手当の対象とならないようです。確かに規則だから、対象外だと言われればそのとおりなのですが、なんだかスッキリしないのです。

 今の僕たちより下の世代は少子化が始まった世代で、それこそ長男長女の夫婦や一人っ子同士の夫婦がだんだん増えていて、義理の父母を現実に扶養していたり、なかには亡くなられた配偶者のお父さんやお母さんの経済的な面倒を見てみえる方もいらっしゃいます。我が家の場合も、妻の兄の奥さんは一人娘で、義理の兄は将来的に両方の父母の面倒を見ることになります。そして我が家でも、僕にもしものことがあれば、妻が私の父母の面倒を見ていくことになるでしょう。その時に扶養手当が対象外というのはなんだかすごく不安な気持ちになりました。これからますます少子高齢化が進む時代にあって、なんだか昭和的というか前近代的なままの古い規則のような気がしてならないのは僕だけでしょうか・・・?他の会社では扶養手当の支給基準はどうなっているのでしょうか。

 それにしても規則は規則としても、なぜこれくらいのことを担当部署は最初の審査で確認できなかったのかも疑問ですが?1年分以上の手当をまとめて一度に返還しなければならなくなった方の気持ちを考えると、こういうミスは自分自身の仕事の中でも気をつけなければならないし、このようなミスのないシステムを考えて仕事に取り組まなければと改めて気を引き締める思いもしました。

 今日は1日なんだか蒸し暑い日でしたし、こんなスッキリしない話を朝から聞き、なんだかモヤモヤした気持ちで午後7時頃にまだ少し明るい間に帰宅できたので、少し気分をリフレッシュし、そして身体にも刺激を与えるためインターバル風で緩急を入れて走りました。そして最後は朝と同じで、自宅近くの上り坂を思い切りラストスパートしようとしましたが、少し右の太股の裏に張りを感じたので無理はしませんでした(夜:6キロ、今日の走行距離合計:17キロ)。

« 今日は土日の代休、そしてまたまた納豆です! | トップページ | 麦刈り »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183974/21549584

この記事へのトラックバック一覧です: 扶養手当:

« 今日は土日の代休、そしてまたまた納豆です! | トップページ | 麦刈り »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

無料ブログはココログ