フォト

最近のトラックバック

« 今日は代休でした | トップページ | 経過報告 »

2008年7月13日 (日)

ついに親不知抜歯!

昨日の夕方やっと例の問題の右下の親不知クンとサヨナラしてきました。それにしてもなかなか大変な手術(抜歯)でした。

さて今回は親不知抜歯顛末記として、昨日1日について順を追って書くことにします。昨日の朝は6時少し前に起床して、7時過ぎに部活に出かけるという息子(soccer)・娘(basketball)に合わせて家族一緒の朝食を済ませ、それから少しでも涼しいうちに走ろうと自宅近くの伊坂ダムに原付バイクで向かい、アップ1キロとダム湖外周と一部林間コース3.7キロ×3周の起伏走とダウン1キロで合計13キロを走りました(70分)。runこの伊坂ダムのコース(林間を含む)は半分くらいが日陰で、起伏は結構ありますが、夏には比較的走りやすいコースで、僕は夏場によく利用する練習コースなのですが、さすがに今朝は走り終わった9時前にはすでにジワジワと夏の日差しが照りつけ暑くなっていました。これからの季節は休みの日も出来るだけ早起きしてもう1時間くらい早く6時頃から走り始めないとダメですね!sun

伊坂ダムから帰宅後、午前中は妻と一緒に図書館に行き、借りていた本を返却し、それから子供が幼稚園のころからずっと矯正でお世話になっている小児歯科の先生のところに行き、子供の親不知抜歯のための口腔外科の専門の先生の紹介状をいただいてきました。そうなのです!やはり親の歯並びが悪い遺伝子は子供達にもしっかり遺伝していて、僕の息子も娘も小さい頃から顎が小さくて歯並びが非常に悪かったため、3歳くらいからずっと小児歯科の先生のお世話になり矯正をしてきました。そのおかげで息子も娘の今では人並みの歯並びにはなっていますが、高1の息子の方がいよいよ最近、親と同様に親不知が問題になってきました。それで早いうちに専門の先生に診てもらって、処置する時期などについて相談をすることになったのです。息子は僕の親不知の件で少しビビってますが・・・。でも紹介していただいた専門の先生は大学でも口腔外科を専攻され、市立病院でも口腔外科専門の先生だったそうで安心して任せられそうです。ちなみに僕の親不知を抜歯してもらう歯医者(従兄弟)も歯学部では数少ない国立大学を卒業し、大学病院で15年近く口腔外科に勤務していたベテランです。我が家は全員歯並びが悪くて歯医者には何かとお世話になりますが、歯医者環境には恵まれています!

そしていよいよ今日のメインイベントのため午後2時過ぎに妻と一緒に自宅を出て津に向かいました。いつもはひとり電車で行くのですが、今日は抜歯後にどうなるかわからないので、妻が一緒に車で来てくれるというので何となく安心していられます(感謝!)。car

午後4時、いよいよほかの患者さんがだれもいなくなった歯医者の診察台の上でまな板のコイ状態です。僕のために従兄弟と3人の助手の方が対応してくれています。最初に従兄弟から再度レントゲン写真を見せられました。もちろん僕の親不知は歯茎を突き抜けて地上部には生えてきていないのですが、通常、上に生えるはずの親不知がしっかりと斜め下にしかも隣の歯の下の方に向かって生えています。まったく困ったものです。従兄弟からは抜歯は結構大変で、色々切ったり削ったりしなければならないし、親不知の生えている近くに大きな血管と神経があるので少し出血や後の痛みが出るかもしれないと説明がありました。

(ここからは実況中継風)karaoke

まず親不知の周辺の歯茎などに麻酔がかけられて、いよいよ抜歯が開始です。僕は実際には何をされているのか見ることは出来ませんので、ここからは想像になりますが、まず歯茎にメスhairsalonが入り、歯茎の下に生えている親不知を表に出す作業をしているようです。そして次に親不知の周りに癒着している組織を剥がしているようでした。そしてなにやら引っ張ったり叩いたりしていますが僕の親不知はビクともしないようです。今度は何か武器を使って歯を削りは絞めました。色々な角度から削ったり親不知を割ったり分割しているみたいです。そしてまたいろいろな角度から僕の親不知を引っ張り出そうとしています。少し痛みがありましたが、何か少し親不知が動いたような気がしました。この作業が2回ほど続き、そしてさらにもう1回武器で削って引っ張ると、ようやく一つ目の親不知のカケラが抜けてきました。wrenchここまで既に1時間あまりかかっています。抜歯作業自体の痛みはほとんどないのですが1時間も口を大きくあけているとさすがに口や顎が少しえらいです。そして従兄弟の顔にも汗が出ているのが見えます。相当に力がいる作業のようです。そして同じ作業が繰り返され2つ目、3つ目とカケラが抜けてきました。そして最後の4つ目のカケラが抜け、すべての親不知を抜歯するのに2時間以上がかかりました。さすがに顎が限界!wobbly

かなり歯茎にメスを入れねばならなかったようで、やはりだいぶ出血をしているようで次に止血の作業をしているようです。しばらく止血のためにガーゼのようなものを何回か患部にあてたり、薬を塗ったりして、最後に糸と針が出てきていよいよ切った歯茎を縫う作業をしているようです。そしてやっと終了。時計を見ると午後7時前、すべての抜歯作業が終了するのに約3時間ちょっとかかりました。実況中継はだいぶ飛ばして書きましたが、本当にちょっとした手術を受けているようでした。まじでものすごく疲れました。そして従兄弟からの一言は「お互いに疲れたし、大変だったね」でした。

帰りの車の中では、まだ麻酔も効いていて、痛み止めも飲んでいるので痛みはほとんど無いのですが、顎が空かないため、妻との会話もあまり喋りたくないので、できるだけジェスチャーで済ませ、昨日は帰宅後、少しだけそうめんを食べてすぐに床につきました。

そして今朝は痛み止めの薬が切れたのか、6時前に目が覚めたときには、さすがに少し痛みがあり、口を大きく開くことができません。そして自分の顔を鏡でのぞくと、右の頬がパンパンに晴れている状態です。すぐに痛み止めの薬を飲みナントカ痛みは抑えていますが・・。食事も口を開くことができないし、堅いものをかみ切れる状態ではないので、朝から妻にお願いしてフレンチトーストを細かく切ってもらって食べました。そして昼食もさきほど昨日の夜と同様にそうめんで済ませました。

ここ2,3日はこの状態が続くのかもしれません。月曜日にもう一度歯医者に行き、術後の経過を診てもらう予定です。しばらくは顎が開かないし、口の中も縫ってあるので食事も麺類か流動食かも。そしていい減量期間になるかもです!

そして痛みが引くまではランニングは自重して、家で筋トレとかでもしていようと思います。そして妻もおとなしくしていろとうるさいので、今日、明日はおとなしく家で過ごすことにします。

 

sports本日走行距離    0.0㎞
sports昨日走行距離     13.0㎞
sports月間走行距離    130.0㎞
sports年間走行距離 1,874.0㎞

« 今日は代休でした | トップページ | 経過報告 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。ゆっくり静養してください。携帯での欠席届3通届きました。
ところでクラブの掲示板に距離表示についての苦情が書き込まれました。何か意見があればメールで連絡お願いします。

手術お疲れ様でした。自分のときの手術を思い出しました。でも、私の時は三分割で、しかも一時間で終りましたから、もっとすごいですね。
十分静養してくださいね。自覚はあまりないけどけっこう体力使っているみたいだし、これからは心置きなく走れるのですから、一週間ぐらいはすぐに取り戻せますもんね。

おつかれさまでした。本当に大変だったですね。ゆっくり体を休めて下さい。しばらくはまさに骨休め、じっくり休んで下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183974/22264660

この記事へのトラックバック一覧です: ついに親不知抜歯!:

« 今日は代休でした | トップページ | 経過報告 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

無料ブログはココログ