フォト

最近のトラックバック

« やっと冬らしくなりましたね | トップページ | 春の陽気ですね! »

2009年1月12日 (月)

フォーラム~食卓を変えよう~

 昨日、東員町で開催されたフォーラム~食卓を変えよう~「食で子どもが変わる、自分が変わる、地域がかわる、日本がかわる」大変大勢の方にご参加いただき大成功でした。lovely

 午前中は参加した子ども達やお母さんお父さん達に一緒になって昔ながらの郷土料理(箱ずし、五平餅、ぼた餅)づくり体験や試食、そしてお米や食に関するクイズをとおして日本の農産物や食文化を見つめ直し、地域の農産物を食べることの意味をあらためて考え直していただきました。

Img_07121Img_07181Img_07491     

Img_07401

Img_07611

Img_07581

 

 そして午後からは意見交換外が開催され、海外の農産物に依存している日本の現在の食生活、輸入農産物や加工品の現状、そして昨今の農産物の輸入事情、さらには国内の農業政策の現状までの様々な幅広い意見交換が会場の参加者も含めて行われました。講師として参加いただいた(株)鈴乃屋の鈴木俊雄社長からは自分の体験談や仕事を通じて感じていることとして「1週間に1時間だけテレビを消して家族で一緒に手作りの食事をしよう」という提案がありました。また地域の資源(農産物)に地域の業者(食品加工業者、小売業者)が関わり、地域の消費者が消費する地域循環経済を進めていくことは、地域産業の活性化や地域の元気づくり(地域経営)にもつながり、顔も見える安心・安全の地産地消にもつながり、さらに地域の人が食し愛することが地域資源のブランド化につながるという意見もありました。意見交換で出されたそれぞれのご意見はまさに今回のフォーラムのレジメの最後にある

と体を育てるもの、それは食べ物です。地域の食べ物を食すことは、地域の環境を守り、文化、産業を育てます。そして地域の人と人とをつなげていきます。地域の食べ物を大切にすることは、私たちが生きていくうえでとても大事なことです。」

まさにこの言葉に通じると思いました。参加した皆さん、そして僕自身も明日からの生活や仕事のなかでこの言葉を常に意識して日本の未来の子供達のために日本の豊かな食を残して生かなければと思います。

Img_07691Img_07901Img_07911 

 フォーラムの会場ではこれ以外にもお米を使用した食品などの展示や、いなべ市内の小学校の子供達の地域の農産物や日本の食料に関する自由研究の展示、昔ながらのわら細工(わら草履づくり)、石臼を利用したきな粉挽き、一升瓶を利用した米つきなどの体験も行われました。そして最後には参加者全員が地域でとれた餅米で餅つきを行い、つきたてのお餅を地域でとれた大豆でできたきな粉、納豆、なばな、大根などで美味しくいいただき、みんなで楽しい会話や交流の一時を過ごしました。

Img_06751Img_07811Img_07831Img_07941_2

   

Img_08131Img_08121 

 フォーラムを主催した「食育推進ネットワーク桑員」の皆さん、桑員地区指導農業士会の皆さん、甘藍クラブの皆さん、NPO桑名こどもネットの皆さん本当にお疲れさまでした。そして明日からまた参加いただいた皆さんも含めて、地域の食を守り、育てていくために一緒に頑張りましょうsign03

写真とかどうも上手く張り付かないのでみにくいかも・・・すいません。

« やっと冬らしくなりましたね | トップページ | 春の陽気ですね! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183974/27056654

この記事へのトラックバック一覧です: フォーラム~食卓を変えよう~:

« やっと冬らしくなりましたね | トップページ | 春の陽気ですね! »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

無料ブログはココログ