フォト

最近のトラックバック

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

久しぶりの日差し

今朝も5時過ぎに起きた時点では雨はあがっていましたが、どんよりした雲がたれ込める夏らしくない天気でした。この夏はいったいどうなっているのでしょうか?これだけ雨が多く、日照不足が続くと、お米や大豆、夏秋野菜、そして果樹などの農作物への被害がとても心配です。

そんなことを考えながら今朝は久しぶりに途中で3回インターバルでキロ4分を切るスピードで走り、身体に刺激を与えました。ここのところの天気と一緒でなんとなくだるかった身体がスッキリしました。そして自宅に帰って朝食を食べていると、外がだんだん明るくなり、蝉が鳴き出し、う~ん、久しぶりに夏らしい明るい日差しが庭にさしこみ、緑が鮮やかな、とてもいいかんじの天気に久しぶりになってきました。お天気も少し刺激を受けてくれたのかなsign02

sports本日の走行距離       7.0㎞
sports昨日の走行距離       3.0㎞
sports月間走行距離        328.0㎞
sports年間走行距離      2,520.0㎞

2009年7月26日 (日)

てんこ盛りマラニック

25日22時に近鉄四日市駅前を出発して、26日の10時到着の鳥羽の魚魚味までのてんこ盛りマラニックに参加してきました。四日市からのスタートは僕を含めて8人。M野さん、走る調律師さんたかさんなーさん、ばるぼあさん、ゆうくん、としさん、とウルトラ経験者や皆さん元気な人達ばかりです。

そして途中からはウイランの「みやびさん」が津から逆送して、白子付近で合流、
さらになかなか到着しない僕たちを雲出から「Run太郎さん」が逆送してきてお出迎え、さらに南勢バイパス前からは「ぐっちさん」、さらに「ぴっちさん」「mikanさん」「saiさん」と大変大勢の方と一緒に走ることができました。

僕はさすがに前日の富士登山競走のダメージが残っていたのか、50キロ過ぎからは足が動かず、一緒に走っている皆さんの足を引っ張るの申し訳ないので、途中で2回(10キロ)と最後の7キロほどは車でワープさせてもらいましたが、なんとか皆さんと一緒に二見の赤福氷、そして鳥羽(魚魚味)の美味しい魚魚味定食をいただくことができました。そしてとりあえず、途中の赤福での迷子もふくめて67キロを走りきることができました。当日(25日)の昼過ぎまで迷っていましたが、今回のマラニックに参加してとてもよかったです。参加した皆さん、ほんとうにありがとうございました。

そしてとても素晴らしいサポートをしていただいた「どらみさん」。いろいろと気をつかっていただいてありごとうございました。また最後はみたすの湯までわざわざ送っていただいた「saiさん」いろいろとお気遣いありがとうございました。
とても楽しいマラニックになりました。

sports本日の走行距離      67.0㎞
sports昨日の走行距離      16.0㎞
sports月間走行距離        313.0㎞
sports年間走行距離      2,505.0㎞

2009年7月25日 (土)

てんこ盛りマラニックへGO

富士登山競走での消化不良&欲求不満を解消するため、先週から三滝MCのM野さん誘われていた「てんこ盛りマラニック」(詳しくは三滝MCの掲示板を見てください)に今晩から参加してきます。22時に四日市駅南口集合で、伊勢方面を目指します。天気は不安定ですが、のんびりとマラニックを楽しんできます。

もし途中で見かけたら応援&差し入れOKですので、よろしくお願いします。

富士登山競走

いよいよ富士登山競走fujiに出発です。前日7月23日、妻がわざわざ仕事を調整して休んでくれたので、電車とバスを乗り継いで僕の自宅近くまでやってきたK藤さんと四日市大学で合流して、他の仲間との待ち合わせ場所の御在所SAまで送ってもらった。とっても助かりました!

御在所SAで10時20分頃、予定どおり松阪、津から乗り合わせでやってきた仲間(大ベテランのM田さん、T谷さん、某市役所のM出さん、14K)さんと合流し、一路、富士吉田市に向けて出発しました。car

車中ではもう10回以上、この大会を経験している大ベテランのM田さん、T谷さんから、今までの大会での経験、靴の服装の選び方、持ち物、コースの走り方など様々な貴重なアドバイスをいただき参考になりました。

3時過ぎに富士吉田に到着し、早速、市役所で受付を済ませて、試走会では走らなかった市街地の市役所から浅間神社までのコースを下見してから、ホテルに到着し、いよいよ戦闘態勢モードに入りました。しかし残念ながら試走会の時のように美しい富士の姿はまったく見ることができず、おまけに徐々に雲が重くたれ込めるような状況でした。cloud

ホテルの宿で小休止してテレビをつけると、富士山は前日から雨や風などの悪天候で、山頂付近の気温は0℃近くで、強風が吹き、登山した東京の20代の若者2人が幾重不明となり、そのうちの1人が夕方、発見されたそうですが、心配停止状態で、残念ながらお亡くなりになったそうです。そしてもう1人の方は未だに発見されていないそうです。とても心配です。

そして前日はゆっくりとホテルの風呂につかり、近くのお店でしっかりと夕食を済ませ、9時過ぎには就寝しましたが、そのころから雨がしっかりと降り始めていました。rainM田さんやT谷さんの話によると、この雨では5合目打ち切りの可能性が高いとのことでした。そして雨や風が強いと5合目打ち切りになっても、体長を崩したりして倒れる人がでるとのことでした。富士山は5合目といっても2000m近い標高の山、なめてはイケナイですねsign01

24日朝、僕はいつものクセ4時半前に目が覚めましたが、まだ皆さんはしっり寝ている感じだったので、布団の中で今日のシュミレーションをしていましたが、外は昨晩から続く雨がさらに激しくなったいて、何だかモチベーションが下がる一方でした。

5時前に起床して朝食や着替えを済ませたころになって、雨はやっと小降りになりました。そして6時頃に会場に到着すると、もう大勢のランナーがぞくぞくと集まってきています。なんだか、みんな体格が素晴らしくて、強そうな健脚そうなランナーばかりです。少し不安?
さらにこの天候ではたして山頂まで行けるかどうか?と思っていると、タイミングがいいのかわるいのか、大会本部から
「昨日からの雨で地盤が悪い状態であること。そして山頂付近の天候は雨と風速15mの風で、選手の安全面やケアーが難しいことから、今回の富士登山競走は、5号目までで打ち切ります。そし5合目までの制限時間は2時間20分としますが、タイムは3時間まで計測します」
とのアナウンスが入りました。

この時点で僕のモチベーションは完全に0状態で意気消沈。試走会でも9合目近くまで行きましたが、雪で後1歩のところで山頂に立つことができず、今回は雨と風で5合目でうち切り。一瞬、走りのやめよかなと思ってしまいましたが、仲間から、まあ今回は練習のつもりで走りましょうと言われて、やっと少しだけ走るモチベーションを上げて、スタートに向かいました。down

午前7時に、富士五合目を目指す3,000人のランナーが一斉に富士吉田市役所前をスタート。スタートは基本的に前回の完走者と女性(1,200人)が前からのスタートと言うことで、僕は後方からのスタートとなりました。

スタートは道幅も狭く、歩道もあり走りにくく、最初の市役所から月江寺駅前交差点までの直線の600mは大渋滞の状況です。たぶんここまでで先頭集団とはすでに3分以上離されていたのではないかと思います。

月江寺駅前交差点を左折して、約2キロほどの直線の緩やかな坂道に出て前方を見ると、すでに先頭集団は国道に左折しているようで、先の先までランナーで一杯です。それでもここから少しでも前を行くランナーを抜いておかないと、馬返し以降ではなかなか抜くことができないと聞いていたので、前を行くランナーの隙間隙間をかきわけながら、スピードアップをしながら前え前えと足を進めました。

そして坂の半分くらいまで来たところで、ランナーとランナーの間を抜き去ろうとした瞬間に、左側にいたランナーの肘が、痛めている左肩に直撃punchみんな必死に走っているので隣の方にも悪気はないのでしょうが、僕はしばらく息ができないくらいの痛みが全身に走りましたが、ここで止まってしまったら、たぶんもう走る気持ちが萎えると思い、その場でほとんど走れなくなりながらも、よろよろスピードでなんとか肩の痛みがひくのを待ちながら、しばらく走り続け、国道に左折して次の右折の浅間神社付近でようやく痛みがひいてきて、
再びエンジンをかけ直してました。up

浅間神社から中の茶屋まではひたすら前を行くランナーを1人ずつ少しずつ抜きながら、前に進み、ここでスタートから39分03秒。大きくモチベーションが下がっているのとスタートロスそして左肩トラブルの影響でか、予定していたタイムや前回の試走会より3分以上遅いタイム。

さらに中の茶屋から馬返しまで、少しづつ順位を上げながら、前への進み、馬返しで1時間6分54秒。

そして馬返しから5合目までは、あまりのランナーの多さと足下の悪さ、道の悪さでほとんど走れないし、前のランナーを抜くことはできませんでした。そしてまわりには滑ったり転んだりしているランナーもいます。3合目を越えたところで、もう十分にを5合目までの関門(制限)時間の2時間20分はクリアーできると判断し、今回は練習と割り切り、怪我もしたくないので、後は無理をせず、ゆっくりと5合目のゴールを目指しました。

そして5合目ゴール手前2ヶ所でそれぞれ100mくらい、登山道が急に狭くなりランナーが大渋滞。ここで無理したり、押したりしてもあまりタイムも順位も変わらないと思うのですが、焦るランアーもいて、大混乱。とにかく僕は流れにまなせながらゴールに到着。午前9時10分過ぎに5合目にゴールしました。タイムは2時間11分25秒でした。

今回の初めての富士登山競走は結果的に見れば、制限時間に余裕でゴールすることが出来ましたし、コースの攻略法や走り方、そして次回への確かな手応えを掴むことができましたが、山頂に行けなかったのは、悔しいし、消化不良です。ぜひとも来年、再チャレンジ、そして富士山に初登頂。そして山頂で「やったぞー」と大きな声で叫んでみたいですsign03

応援いただいた走る仲間の皆さん、職場の皆さん、そしてこのブログを見ていただいている皆さん、ほんとうにありがとうございました。左肩は少しだけ痛みますが、なんとか大丈夫なので、リハビリにはげみ、早く完治したいと思います。とにかく怪我もなく無事で帰ることが家族のためにも一番です。そしてゴール後はバスの乗車に30分近く待たされて、とても寒かったですが、とりあえず風もひかずに無事帰ってきました。

ところで今回、5合目までで打ち切りということで、完走賞のTシャツの交付がありませんでした。確かに競技規定では、
【山頂コースは午前11時30分までに山頂、五合目コースは正午までに五合目に到着した者を完走者とする。ただし、天候などにより山頂コースを五合目で打ち切る場合は、午前9時20分までとする。その場合は、完走賞は交付いたしません。】
とは書いてありましたが、今回は大会参加料金を値上げしのだし、もう少し参加者に感動してもらえるような大会運営があってもいいのではないかと随所に感じる大会でした。
(完走賞は数が足りないのなら、後日送付するという方法もあると思います。)
62回も開催している伝統ある大会ですし、もっと工夫があっても良いのではと感じました。今年の新型インフルエンザで大会を中止した福井県の越前大野ハーフや参加料を値下げしても毎年スケールアップし、新しい感動が味わえる岐阜県のいびがわマラソンなどをぜひ見習ってほしいものですね。

sports本日の走行距離      16.0㎞
sports昨日の走行距離       6.0㎞
sports月間走行距離        246.0㎞
sports年間走行距離      2,438.0㎞

2009年7月24日 (金)

5号目ゴール

今回の富士山は天候が悪いため、5号目で終了。山頂では雨と風速15mだそうです。
そして、もうゴールしました。2時間11分くらいで無事ゴールしました。詳細は帰ってから書きました。
今はバス待ち中です。寒い!

どうなるの?

昨晩からづっと雨です。どうなるかな?

2009年7月23日 (木)

富士登山競走、1日前

昨日の皆既日食、皆さんは見ることが出来ましたか?
僕は残念ながら、会議中で見逃してしまいました。夜、家に帰ってからテレビで見た、世界各地の皆既日食はとても美しく感動的でした。残念sign03次は何としてもこの目で自分が1番美しく、神々しいと想う所から見てみたいと思います。

日本での次の皆既日食のチャンスは26年後、日本国内でも北陸や北関東で見ることができるそうです。僕の場合は今回が生まれて初めての皆既日食でしたが、
次回の26年後は72歳の時。是非、元気で富士山頂からでも見てみたいです。
どなたかご一緒にいかがですか!

さて今朝は富士への出発前、身体に少し刺激を与えるために1キロアップ走、4キロスピード走、1キロダウン走をしてきました。
そしていよいよ今から家を出発して、御在所SAで仲間と合流して、
静岡経由で山梨県富士吉田に向かいます。
そして明日は富士を苦楽しんで来ますrun

sports本日の走行距離       6.0㎞
sports昨日の走行距離       0.0㎞
sports月間走行距離        230.0㎞
sports年間走行距離      2,422.0㎞

2009年7月22日 (水)

富士登山競走、2日前

今日は完全オフです。そして明日の朝、少しだけ身体に刺激を入れるため少しだけ走ったから、いよいよ富士吉田に向けて出発します。天気が少し心配ですが、後は自分を信じて走るのみです!

でもまだ準備が出来ていないので、今から急いで準備します!

2009年7月20日 (月)

アマルフィ 女神の報酬

 昨日はここ数日間のテレビの番宣に騙されて、家族みんなで、織田裕二さんと天海祐希さん主演のアマルフィを観に行ってきました。某テレビ局の開局50周年記念と言うだけあり、贅沢な全編イタリアでのオールロケというだけあって、画面に登場するローマのカピトリーニ美術館、スペイン広場、サンタンジェロ城・サンタンジェロ橋、カゼルタ王宮、コロッセオ、カゼルタ王宮、そしてアマルフィのポジターノ海岸画面の風景はほんとうに吸い込まれるような美しさでした。映画の内容は別としていつか妻と二人でゆっくりとイタリアを旅してみたいと思いました。

 映画を観るまえに、テレビで場面場面でのエピソードやNG等をやっていたので、いつもの倍くらい映画の細かいところまで楽しむことが出来ました。特にイタリア人俳優のロッコ・パパレオさんが演じるローマ市警の警部役の演技はユーモラスでなかなか味があってgoodでした!

この夏の間に子供が小さいときから全シリーズを家族全員で観ているハリーポッター謎のプリンス剣岳 点の記を時間を見つけて観に行く予定です。

(富士に向けてラストスパート)

今日は午前中に、自宅から四日市大学のグランドを経由して山城道路を近鉄の高架手前までいき、そこから富田駅手前まで近鉄路線沿いを走り、四高裏から再び山城道路に戻り往復してきました。今日も蒸し暑く汗をしっかりとかきました。そして走った後に自宅近くのローソンでガリガリ君を今年はじめて購入してしまいました(昨日は白クマアイスを買いました)。夏の間は食べ始めると止められなくなりそうです!

sports本日の走行距離      13.0㎞
sports昨日の走行距離      15.0㎞
sports月間走行距離        217.0㎞
sports年間走行距離      2,409.0㎞

2009年7月19日 (日)

富士に向けてラストスパート

さていよいよ富士登山競走まで1週間をきりました。まだ梅雨も明けずに毎日ジトジトした日が続いています。その蒸し暑さの中、先週の水曜日には最後の山登り練習&トレイルランで多度山を走ってきました。

そしてその後は

7/16木曜日(朝):自宅周辺のフラットコース、11.5キロ、57分、少し涼しい朝

7/16木曜日(夜):自宅周辺の坂道、4キロ、22分

7/17金曜日:雨で完全休養日にしました

7/18土曜日(昼):自宅~桑名西高~伊坂ダム2周、18キロ、100分、自宅からの設定で一番起伏の多いコースを2周、無休水で走りました。最後は湿度と暑さでバテバテでした。

7/19日曜日(朝):自宅周辺のフラットコース、15キロ、83分

今日からは富士に向けてできるだけ疲労が溜まらないように、少しずつ練習の時の負荷と練習量を落としていこうと思います。それにしても今日も朝から蒸し暑い日です。午後からは雨が降るらしい。今朝はキロ6分程度のゆっくりしたスピードで走りました。

肩の方は万全ではないですが、きちんと毎日リハビリを続けながら、出来るだけいい状態にして富士の本番に望みたいと思います。

sports本日の走行距離      15.0㎞
sports昨日の走行距離      18.0㎞
sports月間走行距離        204.0㎞
sports年間走行距離      2,396.0㎞

2009年7月15日 (水)

多度山、真昼のプチトレイル

昨日の昼前に、今日の午後予定していたクライアントの会社との経営相談がキャンセルになり、明日に延期。
ラッキー!今日は仕事の予定がなくなりました。こんな時はほんとうになかなかないので、すぐさま夏休みを取得しました。
Nec_0054そして走る調律師さんのブログに影響され、前から挑戦したかった多度山のコース、それも真昼の多度山へ行って来ました。

Nec_0055Nec_0056Nec_0057  登山口から450m位の地点にある駐車場に車を止めて12時スタート。登りの3.6キロを26分弱で登り切り、山頂公園で小休止して、後半の多度峡プールまでを40分くらいで下りました。

 

多度峡のプールはまだ準備中でしたが、少し水浴び。冷たい水がとても気持ちいい!
そして最後は多度峡から多度大社の前をとおり、登山口の駐車場まで戻りました。
走る調律師さんが、書いているとおり、とても良いコースです。ほとんどが日陰で夏の暑い昼間でもここなら練習可能です。

sports本日の走行距離      27.5㎞(朝15㎞、昼12.5㎞)
sports昨日の走行距離      13.0㎞
sports月間走行距離        155.5㎞
sports年間走行距離      2,347.5㎞

富士登山競走ナンバーカード

昨日、自宅に帰ると富士登山競走のナンバーカード引換券が届いてました。 山頂コース No.2733です。尊敬するあっきーさんはNo.2729で4番ちがいです。
初挑戦!”身体の方(肩)は万全とはいえませんが、とにかく完走をめざします。昨日も富士での落石事故のニュースがあったので、妻からはくれぐれも安全第一で、無事に帰ってくるように注意されました。僕の性格をよくわかっている妻からの心のこもった一言。十文に注意して安全第一で山頂を目指します。

ところで関東は昨日梅雨明けしたのに、東海地方はまだなの?昨日からこんなに暑いのに?今朝も5時過ぎに起床しましたが、すでに外はとても暑そう。そして今朝は昨日よりも少し頑張って1時間16分しっかりと走りました。でも6時を過ぎると日差しがどんどん強くなります。

sports本日の走行距離      15.0㎞
sports昨日の走行距離      13.0㎞
sports月間走行距離        143.0㎞
sports年間走行距離      2,335.0㎞

2009年7月14日 (火)

暑い

昨日はめずらしく1日中オフィスで仕事をしていたので外の暑さをあまり気にせずに過ごしていたのですが、なんと尾鷲で38℃を越えたそうです。ビックリですね。

そして今朝は久しぶりに1時間たっぷりと走り、階段70段×5往復してきましたが、やっぱり朝から暑かった。もうそろそろ梅雨が明けるのでしょうか?

夏の平日は朝早くか、夕方の涼しくて気持ちよく走れる時間に走ろうと思っていますが・・・毎年地球温暖化のせいか、朝でも暑く感じるときが多くなっているような気がします。

sports本日の走行距離      13.0㎞
sports昨日の走行距離       0.0㎞
sports月間走行距離        128.0㎞
sports年間走行距離      2,320.0㎞

2009年7月12日 (日)

ひさしぶりの20キロ

今週は

月曜日の夜:5キロ、階段70段×20回往復

火曜日の朝:5キロ、階段70段×20回往復

で2日連続で階段練習をしていたのですが、実は実は火曜日の通勤途中で、一旦停止から止まらずに出てきた車にビックリして、再びバイクで少し転けて、今度は右肩を打ってしまいました。それで2日ばかり練習を休憩してました。
そして木曜日に仕事で少々トラブルが発生して、このトラブルの収拾でさらに木曜日からほとんど走る時間を作ることが出来ませんでした。土曜日も仕事があり、トラブルの収拾に日曜日の午前中までかかり、三滝MCの記録会も欠席でした。

仕事でのトラブル。原因はほとんどの場合は両者の言葉の違いやコミニュケーション不足です。特に専門家や職場での用語は一般には理解されない場合があります。そして両者の話をしっかり聞いてみると、ほんとに少しの言葉の行き違いや、説明不足が原因になっていることがほとんどです。僕も今回は片側の話を聞いただけの時点では少し誤解をしているところがありました。十分に気を付けないといけませんね。でもそれぞれの誤解の原因ももよくわかり、今回のことは今後の仕事の反省にしなければいけません。いい勉強になりました。

そして今日の午後からとても暑かったのですが、M野さんに伊坂ダムでの練習にお付き合いしてもらい、久しぶりにダム湖を6周、20キロ以上走ることができました。でもこの暑さの中でも、数年前なら考えられないくらい走っている人を見かけます。

富士登山競走まで後2週間切りました。これ以上怪我のないように調整していきたいと思います。段)4往復だけしてきました。

sports本日の走行距離      22.0㎞
sports昨日の走行距離       0.0㎞
sports月間走行距離        115.0㎞
sports年間走行距離      2,307.0㎞

2009年7月 5日 (日)

石槫峠

昨日のウルトラ練習会での自分のふがいなさ。そして整形外科でのショックを跳ね返すため、今朝も6時前に起床して自宅を7時前に出発して山道トレーニングに行ってきました。
家を出るときに、妻には「多度山でトレーニングして10時半頃にいったん帰って、それから病院へリハビリ行ってくる」と言っておいて、carを動かし出すと、なぜか車は石槫峠に向いて走り出していました。石槫峠の方が標高(710m)も高いし、距離もあるので良い練習になるかなと思ったことと、多度山は仕事の後でも行けるかもと考えて、予定を急きょ変更したのです。

Nec_0055さて国道306号線から石槫北の信号で国道421号(八風街道)を左折して宇賀渓方面に向かい、朝7時半に登竜荘手前の落合橋(宇賀川)のたもとの駐車場に車を止めて、石槫峠までの往復ランをしてました。

朝7時半、駐車場に止まっている車もまだまだ少なく、石槫はとても涼しくて、宇賀川を流れる水のせせらぎの音しか聞こえない、とても静かで穏やかな顔をしています。駐車場からまず1キロほど身体を温めるために峠とは逆方向に重力に刃向かわずに自然体で下り、そこからいよいよ石槫峠までの山道トレーニングにスタート。

宇賀渓入り口を過ぎ、登竜荘前の前までがまず1.8キロほど、そして白瀧神社を過ぎて坂がだんだんときつくなる。421号は昨年9月の集中豪雨以来づっと災害復旧中工事のために通行止めが続いていて、ゲートが閉鎖されています。そのおかげでゲートから先での車の往来は工事車両だけで、峠までは自分の足で登るか、自転車で登るくらいしか方法はありません。僕が走っているときも自転車で登っていく人を3人見かけただけでした。
これ以外に見かけたのはヘビ、サル、そしてカモシカだけでした。今日は運良く野生の3点セットを全部見れました。そして道沿いは木陰で風がとても涼しく気持ちよかったです。

登り初めて5キロ過ぎると、あちこちで災害の後が残っていました。途中ではがれきがまだそのまま残っていたり、上から落ちてきた土砂が道を埋めていたり、道の半分くらいが下にずり落ちて無くなっていたり、それでも何とか人が歩けるようにはなっていましたが、災害の爪痕はかなりワイルドに残っていました。

Nec_0053Nec_0054  峠下のコンクリートゲート(幅2mの車止め)を過ぎたら、後1キロほどです。ここで1台自転車が後方に追いついてきたので、峠までは絶対に抜かれないぞと、一人で意気込み、
ここから一気に石グレ峠まで走りきりました。峠に到着したのはスタートしてからちょうど1時間ほどの8時半。峠で5分ほど給水と休憩をした後、再び来た道を今度は下り、帰りは35分(9時10分くらい)ほどでもとのスタート位置まで戻りました。

ところで今日の石槫峠ランで、とてもいい場所を見つけました。ラン後にスタート位置から東海自然歩道経由で車を止めた落合橋にもどる途中、橋の真下で宇賀川に降りられる場所を発見。この橋の下の川の流れはとても綺麗でいい感じなのです。何にいいかというとラン後のアイシングや身体の汗を流すのに最適な状況なのです。(写真見てください。綺麗で良い流れでしょ!)

Nec_0058Nec_0056Nec_0057   

早速、駐車場に戻り、バスタオルと着替え、そして途中で買ってきた飲み物とあんパンを持って、橋の下にもどり、誰もいないことをいいことに、パンツ一枚で宇賀川の流れの中にクビまで身体をつけて、まず汗をながし、その後は下半身のアイシング。さっぱり気持ち良くなり、橋の下で着替えを後に、持ってきたあんパンと飲み物でお腹を満足させました。

石槫でのラン後、自宅でシャワーを浴びてから、病院にリハビリに行く予定でしたが、
宇賀川でシャワーも済ませ、さっぱりしたので、そのままいつもの伊藤養鶏場でタマゴを購入して、11時前に病院にリハビリに行ってきました。病院で肩の筋肉をほぐしてもらったり、伸ばしてもらうと気持ちいいし、もっと早く病院に行けばよかったかも。
とにかく、肩痛を早く治したいものです。

それにしても今回の川の発見で、石槫峠には今年の夏は何回か行くことになりそうです!run

追加:夕方編

夕方少し時間があったので、お風呂に入る前に自宅周辺を軽くジョグ。そして階段(70段)4往復だけしてきました。

sports本日の走行距離      21.0㎞(石槫16㎞、夕方5㎞)
sports昨日の走行距離      40.0㎞
sports月間走行距離         83.0㎞
sports年間走行距離      2,275.0㎞

2009年7月 4日 (土)

ウルトラ練習会(僕は40キロですが・・・)

今日は予想外の暑さの中、菰野のカモシカコースを一部利用した1周10キロコースでのウルトラ練習会に参加してきました。
1周目 51分43秒(5キロ給水、10キロで給水&餅)
2周目 51分06秒(15キロ給水、20キロで給水&banana
3周目  50分47秒(25キロ給水、30キロで給水&banana
と25℃を越える暑さと日差しがとても強い中でしたが、30キロまではキロ5分10秒ほどのペースで快調に飛ばしていたのですが・・・、
30キロを越えて走り出してしばらくすると、例の2ヶ月程前にバイクで転倒して痛めた左肩が急に痛くなり、さらに35キロを越えたところでお腹の調子が悪くなり、なんとかかんとかエイドのある朝明公園に飛び込み、4周目終わった所でtoiletに駆け込み、なんとかギリギリセーフ。
しかしその後も肩の痛みと気分が悪いのとの両方で走る気分がわかずじまいでした。
4周目 55分19秒
そして結局、40キロを3時間40分14秒(休憩含む)で今日のウルトラ練習会は早々にリタイアしました。down 

今回の練習会を企画、運営された、三滝MCのM野会長、事前の準備からいろいろとお世話になりました!!そしてスペシャルなエイドステーションを用意して下さった、ウルトラ3兄弟の、nakayoshiさん、酔いどれランナーさん、シュガーさん、お世話になりました!!
そして、参加されたランナーの皆様、お世話になりました!!

今日は、とてもsun暑かったので特に5キロ地点のエイドはほんとうに2助かりました。
でもたった40キロで諦めてリタイアしてしまい申し訳ありませんでした。
さらにさらに後片づけもせず、参加した皆さん全員にご挨拶もせず、先に帰らせていただいてすいませんでした。皆さんの走りを見ながら、エイドで休憩していたのですが、肩の痛みが治まらなかったので、早々に自宅に帰り、シャワーを浴びた後に掛かり付けの整形外科に行ってきました。

実を言いますと2ヶ月ほど前にバイクで転倒して左肩を強打して以来、左肩(腕)がほとんど上がらない状態が続いていました。
しかし走るのにはあまり支障がないので、そのうち治るだろうとたかをくくっていたのですが、2ヶ月以上過ぎても治るどころか、痛みはほとんどひかない状態でした。
しかも今日のウルトラでは途中からなんだか凄く痛むのです。
そして整形での検査の結果、
どうも2ヶ月前のバイクでの転倒&強打で肩の骨を少し剥離骨折していたようです。
そしてそれが引き金になっていわゆる50肩という症状になっているそうです。
先生に確認すると走るときの腕振りでは肩までは使わないので、走ることは問題はないといわれましたが、完全に治るのには半年から1年はかかるそうです。
今日は自宅でのリハビリ運動の方法などを指導されました。
そしてしばらくはリハビリに通うように言われました。
富士登山競走まで後3週間弱少しでも肩の痛みが少ない状態で望めるように肩のリハビリに励みたいとおもいます。run

sports本日の走行距離      40.0㎞
sports昨日の走行距離      12.0㎞
sports月間走行距離         62.0㎞
sports年間走行距離      2,254.0㎞

2009年7月 1日 (水)

新階段トレーニング

いよいよ7月。夏の第1目標の「富士登山競走」そして人生初の富士登頂がだんだんと近づいてきました。心はすでに富士山頂でワクワクドキドキです。

さて最近、富士対策として取り組んでいる坂道や階段でのトレーニング。今朝は新しいパターンと場所で「坂道&階段のダブル練習」に取り組みました。まずは自宅からいつものコースを走りながら軽くアップし、朝明川を越えてから伊坂ダムまでの坂道コースを往復。そして次に暁学園に向かい、学校のある山に上がる通学路にある120段ほどの階段で階段往復走トレーニングを9回してきました。今回初挑戦したこのトレーニング、短い時間ですが足と心拍にとても強度がある刺激的な練習です。

そして夜も帰宅後に走ろうと思ってましたが、7時過ぎから雨が降ってきたので、室内で可能な腹筋やスクワッドなどを少しだけしました。

ところで今後、参加する予定の練習会&大会ですが、

 7月 4日(日) 菰野でのウルトラ練習会

 7月12日(日) 三滝MC記録会

 7月24日(金) 富士登山競走(エントリー済み)

 8月 9日(日) 三滝MC記録会

 8月30日(日) かっとび伊吹(エントリー済み)

 9月13日(日) 三滝MC記録会

 9月19日(土) いびがわ練習会

 9月27日(日) 三河トレイルラン(エントリー済み)

10月11日(日) 三滝MC記録会

10月18日(日) かもしかハーフマラソン(エントリー済み)

そしてこれ以降は11/1土山、11/8揖斐川、11/15九頭竜のどれかでフルマラソンを走り、サブ3に挑戦しようと考えています。それと11/29の「お伊勢さん健康マラソン」は連続出場をめざし、昨日エントリーをしました。run

sports本日の走行距離      10.0㎞
sports昨日の走行距離       0.0㎞
sports月間走行距離         10.0㎞
sports年間走行距離      2,202.0㎞

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

無料ブログはココログ