フォト

最近のトラックバック

« 新しいコース | トップページ | リハビリスタート »

2009年10月 5日 (月)

退院しました!!

昨日の午後、予定より2日ほど早く無事に家に帰ってきました!ということでとりあえず経過報告します。

9/30の午前9時過ぎに予定どおり入院。まず担当の看護士さんから、病院内での過ごし方や施設の説明など。それから手術及び診療計画の説明を受けました。そして午前中は体重、身長他の身体測定と採血、血圧、尿検査などを受けました。そして午後からは担当医のM先生から、明日の手術の詳しい説明、そして術後のことなどの説明を受けました。さすがに県内で唯一の大学病院です。説明も丁寧でしっかりしていて安心しました。そしてM先生も若い先生ですが、とても誠実な方です。夕方6時に手術前、最後の夕食。そしてここから術後の夕方までは絶食、絶飲でした。

10/1、朝から薬の服用や点滴。さらに心電図等の最終確認等、いろいろと手術に向けた準備。はじめての手術でしたが、手術もいろいろと大変です。午後1時開始の手術が予定より1時間半早く、午前11時半からスタート。手術室までは当然、ベットで運ばれるのかと思っていましたが、どうもテレビの見すぎのようで、歩ける人は手術室までは歩いて行くそうです。

でもはじめて大学病院の手術部に入りましたが、これはやはりテレビに近い世界です。まず、専用エスカレーターを利用して、手術部のある階まで。そしてそこから実際に手術のおこなわれる部屋のあるゾーンまでには3つも自動くドアがありました。そして途中にはほんとうにいろいろと機材や手術用の資材のある部屋がいっぱい。そして一般病棟とはまるでちがい、廊下も広く、照明も明るく、雰囲気が全然違う!看護士さんと一緒に自分で点滴の台を押しながら、歩いていったのでリアルにいろいろと感じることができました。

手術室では6人ほどのお医者さんや看護士さんなどのスタッフがお出迎え。そしていよいよ手術台に横になり、これでもう「まな板の上の○○」です。意外と広くて明るい手術室。そして一番ビックリしたのは室内にnoteがかかっていたことです。しかもとても軽快なJーPOPで最近の曲もかかってました。お医者さんの趣味なのか。それとも患者をリラックスさせるためなのか?

さて僕の手術ですが、脊髄と何とか膜の間に麻酔薬を注入する○○ブロックとか言う、下半身だけをマヒさせる麻酔と、脚の反射神経をマヒさせる部分麻酔を併用して実施されました。ということで上半身は完璧に普通の状態で、モニターも自分でしっかりと見ることができるし、医者の会話も全部聞こえてました。

手術は予定より30分ほど余分にかかりましたが、2時間程度で無事終了。手術後はさすがに自分では歩けないので、ベットで手術室からリカバリー室に運ばれ、翌日の昼頃まで、24時間ほど、点滴や心電図、尿道カテーテルなどのいろいろな線にいったぱいつながれて、寝たきり状態でした。手術自体は簡単で身体にも負担を感じていなかったのですが、これは麻酔での錯覚でした。麻酔が覚めてくると身体がとてもだるいし、いろんなところに鈍痛がありました。リカバリー室から解放されてからも1日ほどはとても身体がだるくて、トイレと食事以外はほとんどベットでゴロゴロしてました。

術後の経過が順調で血尿もほとんどない状況だったので、予定よりも2日早く、日曜日に退院することができました。火曜日に一度、病院に通院するので、火曜日までは仕事はお休みます。そしてこれから3週間は水分をしっかりること。そしてあまり激しい運動はしないようにM先生に言われていますので、少しおとなしくしようと思います。でも散歩やジョギングは自分の調子を見ながらボチボチとはじめてもいいということです。ですのでマラソンの練習は11月頃からが本格的な再開となりそうです。

今回の病気では、本当に、家族や職場、そして友人など、いろいろな皆さんにご心配やご迷惑をおかけしました。そして誠実に対応していただいたM先生や病院のスタッフの皆さんのお陰で、無事退院することができました。皆さん、ほんとうにありがとうございました。

« 新しいコース | トップページ | リハビリスタート »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

無事に退院されたようでなによりです。
しばらくはご自愛下さい。

リカバリー期間には、上半身や体幹、大腿の筋トレとかが良いのではないでしょうか。

無事に退院できて、よかったです。
焦らず、無理せず養生して下さい。
お大事に。

とりあえずお祝いは携帯へ送っておいたので、ブログの感想です。

手術室関係の部分は私も全く経験が無いので興味深く読ませてもらいました。無事に退院されたからこんなのんきな事を書けるのですけど、今シーズンは無理をせずに、それこそ走り始めた頃の気持ちで、今までの自分のランを見直してみるのもいいかも!

思い返してみると、私も現在の状態になる前に飛ばされてかなり腐っていた時期があり、走るのは形式的で、鈴鹿の山々を片っ端から歩き回っていた時期もあります。頂上から見る景色、道に迷いながらもルートを見つけ出し目の前に広がる景色や動物たちに心を和まされました。

仕事が待ち受けていて大変でしょうけど、健康第一、無理をしないように・・・。

14kさんありがとうございます。しばらはご意見を参考に基礎的な練習として、室内での柔軟性を高めるストレッチや、腕振り、スクワッド等で、上半身や体躯、そして大腿の強化をしていきたいと思います。
というか今日から、少しだけスタートしました。

torakichiさん、あと少しで三重に帰れますね。僕も少しずつリハビリして、ゆっくりでも走れるようにしていきたい思います。
またこちらに帰られたら、秋の風景でも楽しみながらダム湖でも一緒に走りましょう!

M野さん、携帯、不携帯でメール見てませんでした。ゴメンナサイ。
今回のこともいい経験だと考え、家族や周りの人に心配をかけないように、今シーズンは基礎を見直していくシーズンにしたいと思います。

退院おめでとうございます。
ご自身のお体を冷静に見てらっしゃるので復調は早いと思います。

手術の様子を冷静に書いてらっしゃいますが本当は痛かったでしょう?

無事の退院、本当によかったですね。まずはゆっくり体を休めてください。休むのもトレーニング、じっくりあせらずマイペース。健康第一です!

退院おめでとうございます!

あかつきさんの笑顔に会えることを心待ちにしてます!happy02

走る調律師さん、ありがとうございます。
手術中は麻酔がよく効いているので、痛くもかゆくもなかったです。そして意外に冷静でいられました。
でも麻酔がきれたあとは、あちこち痛かったですよ。

のらのすけさん、いつもご心配ありがとうございます。今回は少しゆっくり休み、徐々にトレーニングを再開していきたいと思います。

たかさんに次に会える時は笑顔と少し太った僕になっているかも?太らないように少しずつトレーニングも再開していきます。

退院おめでとうございます。術後も順調のようで安心しました。ゆっくり休んでください。また、ご一緒に走れることを楽しみにしています。

退院おめでとうございます。ゆっくり休んで、少しずつリハビリしてください。
大会にて背中を追いかけますので、一緒に走ってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183974/31648759

この記事へのトラックバック一覧です: 退院しました!!:

« 新しいコース | トップページ | リハビリスタート »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

無料ブログはココログ