フォト

最近のトラックバック

« 一区切り | トップページ | 気持ちいい挨拶 »

2010年11月16日 (火)

子育てと持久走

僕の子ども達との関わり方。言い意味では自主性に任せる、悪く言えば放任主義です。そして子ども達には昔から出来るだけいろんな体験の機会を与え、いろんな人との出合が出来るように心がけ、いろんな人の暮らし、景色、風景を見せるようにしています。
もちろん僕自身も親というよりも、出来るだけ一人の人間としてあからさまな生き様を見せようと心がけています。

そして昔から何でも新しいことが出来たり、取り組んだりしたときには素直に褒めてあげるようにしています。(妻は僕以上にそういうところがあります)。
娘がダイエットをきっかけに走りはじめ、はじめは団地内を1周(2キロほど)、次に伊坂ダムを1周(3.6キロ)、いつもすごいねと褒めてました。そしていつのまにか伊坂ダム3周(10.8キロ)を走れるようになり、先月はかもしかマラソン10㎞を見事完走。

昨年までは毎年冬に近づくにつれて、体育の授業がいやだいやだと言っていた娘が、この冬はうって変わって毎日体育の授業を楽しみにして学校に出かけていく。走り始めて半年余りの娘。冬の時期恒例の体育の授業での持久走。今年は800mでも1,500mでも楽に、そして早く走れると嬉しそうに話す。人間、変われば変わるものだと実感します。

いつも自分に何となく自信が持てずにネガティブなところがあった娘ですが、中3になって走ること以外にもいろんなことに挑戦して自信がついたのか、何に対しても前向きになってきました。

人は何かをきっかけにして自分自身に自信が持てると、何にで前向きに積極的に取り組むようになりますね。子供も大人もいろんな意味で成功体験を積み重ねることで成長していくものなんですね。

« 一区切り | トップページ | 気持ちいい挨拶 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

娘さんのいきいきした顔が目に浮かびます。
何事も一歩を踏み出すことが大切だと思います。 親としては踏み出す時のみ、手助けすれば良いと思います。

あっきーさんの言う通りですね。今は生き生きしている娘を見ているのがとても楽しいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/183974/37709277

この記事へのトラックバック一覧です: 子育てと持久走:

« 一区切り | トップページ | 気持ちいい挨拶 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク集

無料ブログはココログ